インタビュー一覧 > 簗瀬 未来
  • INTERVIEW

  • MicroAd Recruit
  • インタビュー

  • 自分の考えを伝えること

2020年 入社

簗瀬 未来

YANASE

MIKU

ビジネス開発本部

MicroAd Recruit

Question 01

現在の仕事内容は?

データに関わる事業開発の仕事をしています。
注力領域は責任者を務めている購買データ活用のプロジェクトで、
既存のビジネスに捉われない新しい商品性を構築できないかと日々模索しています。
具体的には、戦略策定、施策実行、外部事業者様との提携交渉、営業の皆さんの提案同行等々さまざまな業務に日々取り組んでおり、
責任にプレッシャーを感じつつも非常に面白い仕事をさせてもらっていると感じています。

また、プロジェクト外の領域ではマイクロアドが活用しているデータの管理や外部企業様とのやりとり、既存商材のアップデート等にも携わっています。今後データを活用する広告ビジネスのルールが大きく変わるため、最新の情報をキャッチアップしながら、マイクロアドがどう強みを活かしていくのかも今後さらに頭を使わないといけない領域です。
業界が混沌としていて先が読めない不安はあるのですが、その分自分なりに調べたり発案することが非常に重要で、貴重なフェーズに関われていると思っています。

Question 02

マイクロアドに入社を決めた理由は?

取り組んでいるビジネスと、フラットな社風に惹かれたからです。
就活生の時はこれといった強い目標ややりたいことは無かったのですが、今後伸びていく領域に身を置くことでキャリアの選択肢を広い状態にしておきたいと思い、IT関連の企業を中心に見ていました。
そんな中マイクロアドの会社説明を聞いた際、データを最大限活用しようとするビジネスの世界観がとても面白いと思いました。第4の経営資源が「情報」と言われるように、データをどのように活用していくかというのは今後さまざまなビジネスで重要になるだろうなと感じ、
データを強みとするマイクロアドに入社することを決めました。
まだ、社員の皆さんとお話ししていく中で、実力主義のマイクロアドのフラットな社風に惹かれ、その中で自分なりのキャリアを築いて行きたいと思ったのも決め手でした。

Question 03

これまでのキャリアは?

内定者時代は名古屋営業所でアルバイトをさせていただいた後、新卒研修後は入社動機であった「データ」にビジネス面から1番関わる部署であるビジネス開発本部を志望し、配属されました。
最初の主要業務はUNIVERSEへデータを提携していただく企業様の担当や新規開拓をさせていただき、「データの豊富さ」というマイクロアドの強みを強化する業務に携わっていました。
秋頃からは新たに位置情報データ周りの企業も担当させていただき、自身の知識や業務の幅を広げられたと思います。
また、当初からデータに関わる商品アップデート等には関わらせてもらっていたのですが、9月から新しくスタートした購買データに関連するPJに参画させていただき、1月からはPJ責任者として戦略策定や商品開発をメインの業務として取り組んでいます。

Question 04

仕事で大切にしていることは?

大切にしているのは、「自分の考えを伝える」ことです。
どんな仕事でも、現状に違和感を感じたり、自分なりの改善策がある時は積極的に伝えるようにしています。
もちろん先輩方の方が経験も知識も豊富なので、自分の考えが甘かったり間違っていたりすることも多々あります。もっと経験や役職が上がってから意見を言うようにする方がいいと考える方もいるかもしれません。
ただ、個人的には意見は鮮度が大事だと思っていて、また誰であれ積極的に意見を交わし合える組織であった方が全体的にいい方向に向かっていくんじゃないかと思っています。
とにかく気になったことは発言してみて、正しかったら組織が少しいい方向に進める。自分が間違っていたら考えを改めて勉強し、また次の発言に活かす、というサイクルは大事にしたいと思っています。

BACK

インタビュー一覧 > 簗瀬 未来
  • INTERVIEW

  • MicroAd Recruit
  • インタビュー

  • 自分の考えを伝えること

MicroAd Recruit

2020年 入社

簗瀬 未来

YANASE

MIKU

ビジネス開発本部

Question 01

現在の仕事内容は?

データに関わる事業開発の仕事をしています。
注力領域は責任者を務めている購買データ活用のプロジェクトで、
既存のビジネスに捉われない新しい商品性を構築できないかと日々模索しています。
具体的には、戦略策定、施策実行、外部事業者様との提携交渉、営業の皆さんの提案同行等々さまざまな業務に日々取り組んでおり、
責任にプレッシャーを感じつつも非常に面白い仕事をさせてもらっていると感じています。

また、プロジェクト外の領域ではマイクロアドが活用しているデータの管理や外部企業様とのやりとり、既存商材のアップデート等にも携わっています。今後データを活用する広告ビジネスのルールが大きく変わるため、最新の情報をキャッチアップしながら、マイクロアドがどう強みを活かしていくのかも今後さらに頭を使わないといけない領域です。
業界が混沌としていて先が読めない不安はあるのですが、その分自分なりに調べたり発案することが非常に重要で、貴重なフェーズに関われていると思っています。

Question 02

マイクロアドに入社した理由は?

取り組んでいるビジネスと、フラットな社風に惹かれたからです。
就活生の時はこれといった強い目標ややりたいことは無かったのですが、今後伸びていく領域に身を置くことでキャリアの選択肢を広い状態にしておきたいと思い、IT関連の企業を中心に見ていました。
そんな中マイクロアドの会社説明を聞いた際、データを最大限活用しようとするビジネスの世界観がとても面白いと思いました。第4の経営資源が「情報」と言われるように、データをどのように活用していくかというのは今後さまざまなビジネスで重要になるだろうなと感じ、
データを強みとするマイクロアドに入社することを決めました。
まだ、社員の皆さんとお話ししていく中で、実力主義のマイクロアドのフラットな社風に惹かれ、その中で自分なりのキャリアを築いて行きたいと思ったのも決め手でした。

Question 03

これまでのキャリアは?

内定者時代は名古屋営業所でアルバイトをさせていただいた後、新卒研修後は入社動機であった「データ」にビジネス面から1番関わる部署であるビジネス開発本部を志望し、配属されました。
最初の主要業務はUNIVERSEへデータを提携していただく企業様の担当や新規開拓をさせていただき、「データの豊富さ」というマイクロアドの強みを強化する業務に携わっていました。
秋頃からは新たに位置情報データ周りの企業も担当させていただき、自身の知識や業務の幅を広げられたと思います。
また、当初からデータに関わる商品アップデート等には関わらせてもらっていたのですが、9月から新しくスタートした購買データに関連するPJに参画させていただき、1月からはPJ責任者として戦略策定や商品開発をメインの業務として取り組んでいます。

Question 04

仕事で大切にしていることは?

大切にしているのは、「自分の考えを伝える」ことです。
どんな仕事でも、現状に違和感を感じたり、自分なりの改善策がある時は積極的に伝えるようにしています。
もちろん先輩方の方が経験も知識も豊富なので、自分の考えが甘かったり間違っていたりすることも多々あります。もっと経験や役職が上がってから意見を言うようにする方がいいと考える方もいるかもしれません。
ただ、個人的には意見は鮮度が大事だと思っていて、また誰であれ積極的に意見を交わし合える組織であった方が全体的にいい方向に向かっていくんじゃないかと思っています。
とにかく気になったことは発言してみて、正しかったら組織が少しいい方向に進める。自分が間違っていたら考えを改めて勉強し、また次の発言に活かす、というサイクルは大事にしたいと思っています。

+ MORE